施行管理士の歴史

Job

建築関係の職業のこれまでの歴史や変遷

建築施工管理技士の歴史はまだ浅く、平成時代になってから職業として確立しました。それまでの建築現場の現場監督はいろいろな職業の人が行っていましたが、建築施工管理技士の資格が誕生したことにより、建築工事現場の監督は、建築施工管理技士が行うようになりました。建築施工管理技士は、建築物の工事現場に欠かせないため、求人活動も積極的に行われるようになりました。平成10年代になると、インターネットの普及が進み、多数の求人サイトが開設されました。建築施工管理技士などの建築関係の職業も、求人サイトに掲載されるようになりました。平成20年代になると、建築関係の人材不足が深刻になり、給与水準がアップし、待遇が大きく改善されました。

建築施工管理技士の求人の今後の動向についての予測

建築施工管理技士の仕事の内容は、建築現場のディレクター的な存在です。建築現場では建築士が設計をした設計図に基づいて工事が行われますが、建築施工管理技士がいろいろな職人に指示を出すことによって、適切な工事が施工されます。建築施工管理技士は、建築現場には絶対に必要な人材ですので、今後も求人数は増えることが予測されます。最近は建築施工管理技士は人材不足が深刻化しており、今後も売り手市場の状態が続くと予測されます。人手不足により、建築施工管理技士の給与水準は高くなっており、豊富なキャリアがある場合は、好条件で転職することができます。40代以上の中高年者の求人も多く、年を重ねても有利な条件での転職が可能です。この傾向は今後も続くと予測されます。