日本の建築業

Job offer

施工管理求人の平均的な価格

施工管理技士は日本の建設業において特定業種の技術を認定した国家資格です。特定建設業を実施する建設業やプラント設備業者には必須の資格で、公共工事の入札には現場代理人として、施工管理技士の資格が必須となります。施工管理技士は経験のみによる取得と経験と試験により資格を取得する方法がありますが、近年の公共工事の入札は、その殆どが後者の試験による資格取得者を優遇しています。必然、企業の求人においても試験による資格取得者を優遇する傾向にあり、平均価格も色分けされております。施工管理技術者の代表である一級土木施工監理技士の平均価格は現場や処遇にもよりますが、550万円位の年収を取得していると言われています。

建設業の特徴について

そもそも日本の建設業の人口が年々老年化しているのが実態で、国内での求人はいつも求められていると言っても過言ではありません。ただ、施工監理技士の求人は、各公共工事の現場や最近では民間企業の現場に一人ずつ必要になってきています。このため、公共工事が増えれば増えるほど、施工監理技士の登録が必要となり、求人は増えていくはずです。しかし、求人が多いにもかかわらず、現場勤めとなること。危険であること。長時間労働になること。等から、施工監理技士を目指す日本人が少なくなっているのが、現状です。今後の日本の建設業の将来を考えると、現場での施工監理技士を2名に増やし、業務を低減化していく等の新たな対応が必要となってきています。